繰り返す膀胱炎の対処法!ネットで体験者の方に聞いてみました。

繰り返す膀胱炎はどうしたら予防できますか?

この記事では、こんな質問に答えます。

早速ですが、ネットで膀胱炎にかかったことがある女性の方、50名に聞いてみました。

答えは次のとおりでした。

繰り返す膀胱炎の予防法

1、水分をとる、お茶、緑茶、ハーブティ、利尿作用のある飲み物を飲む 24人
2、トイレを我慢しない、トイレにこまめに行く 23人
3、身体を冷やさない、下腹部を冷やさない、足を冷やさない 10人
4、身体を清潔に、下着を清潔に、ナプキン、尿漏れシートはこまめに交換 8人
5、疲労を貯めない、睡眠を良く取る 6人
6、ストレスをためない 5人
6、運動、筋トレ、ストレッチ、骨盤、股間の括約筋の運動 5人
8、排尿排便の後は前から後ろに拭く 4人
9、健康的な食事、バランスのいい食事 3人
9、クランベリーサプリメント、クランベリーエキス 3人
  規則正しい生活 2人
  刺激物、カフェイン、香辛料を控える 2人
  陰部は過剰に洗わない、シャワーの流湯で洗う 2人
  SEX、セックスの後はトイレに行って排尿 2人
  漢方薬、腎仙散を飲む 2人
  病院に行って完治させる 2人
  仕事中座りっぱなしにしない 2人
  海外の個人輸入で抗生物質(クラビット、フロモックス)を買って初期症状の時に飲む 2人
  スギナ茶 1人
  水分はとりすぎない 1人
  少々排尿を我慢する 1人
  通気性の悪いパンツははかない 1人
※複数回答あり

これらの内容を少し説明します。

利尿作用のあるお茶、飲み物は

水分をとるのは特に説明はいらないと思いますが、水だけだと飽きると言う方には次のようなお茶が利尿作用もありおすすめです。

ドクダミ茶、杜仲茶、緑茶、とうもろこし茶、トウモロコシのヒゲ茶、ウーロン茶、

ルイボスティ、たんぽぽ茶、黒豆茶

などがあります。

骨盤、股間の括約筋の運動について

こんな動画もあります。
試してみてください。

<医師監修 >尿もれ対策に!骨盤底筋トレーニング【チャームナップ】(5分49秒)

<医師監修 >尿もれ対策に!骨盤底筋トレーニング【チャームナップ】(5分49秒)

おすすめのクランベリーサプリメントは

私のおすすめのクランベリーサプリメントはDHCのクランベリーサプリメントです。
クランベリーサプリメント

このクランベリーサプリメントは意外にドラッグストアーなどで売っていませんでした。
結局、通販(楽天)で買いました。

おすすめの漢方薬は

私がおすすめの市販の漢方薬は腎仙散です。

膀胱炎に効くと言われる市販の漢方薬は、腎仙散以外に

小林製薬のボーコレン(五淋散)、
ボーコレン
猪苓湯などがありますが、

私の体験や、ネットの意見では腎仙散が一番効くようです。
(ただし、効果には個人差、相性があるので、絶対ではありません。あくまで私の意見です。)

みなさんの意見は次のとおりです。

私の場合、尿意をきたしたら、我慢せずにトイレへ行くようにし、規則正しい生活を心がけ、ストレスをため込まないようにしました。

トイレを我慢しないようにする。水分をコンスタントに飲むようにする。疲労をためないようにする。

膀胱炎を繰り返す時は原因を良く考えます。
先ずは病院治療が第一です。
普段の生活では
・水をよく飲むこと
・トイレにこまめにいくこと
・刺激物を控える
・健康的な食事をとる
・下着を清潔に保つ
以上5点が自分でできる対処です。

通院して、抗生剤を多めにもらっておく。膀胱炎の予感がしたら、飲む。
あとは、ただひたすら水分をとる

足を冷やさないこと。寒くなくても必ず靴下をはくこと。排尿後に必ず前から後ろ向きにトイレットペーパーで拭くこと。お風呂に入ったとき直にボディーソープで擦らずシャワーの流湯で洗うこと。

普段からお茶や水などの水分を多めにとる習慣をつけ、排尿は我慢しないようにすることです。また疲労がたまり免疫力が下がることや身体を冷やすことも原因になるので注意しましょう。

尿意を我慢しないようにすることと、クランベリーのサプリメントを飲むことです。

トイレを我慢しない。
sexの後、必ずトイレに行く。
陰部をしっかり洗うのはやめる。
(特に石鹸等で良く洗うと必要な良い菌も殺してしまい膀胱炎になります。)

・2時間おきなど決まった時間にトイレに行く
・水分をとり過ぎない

水分を欠かさず、毎日大目に摂取する。
冷えないようにし、我慢せず排尿を心掛ける。
下腹部以下は、清潔にし排尿排便の後、前から後ろに拭くようにする。

とにかく早めにトイレに行く。尿もれレシートを頻繁に交換する。

とにかく水分摂取。排尿頻度を気にせずに多量の水分を摂取する。

トイレは我慢しない。漢方を飲む。

水、(なるべく緑茶)をひたすら飲み尿を出す

なんか、痛みだしたかなと少しでも思ったら、水分をたくさん摂り、こまめにお手洗いに行くことです。
尿意がなくても、1時間に1回は必ず行くようにしてます。(そのせいで、過活動膀胱になるんじゃないかと戦々恐々ですが、今ところそれ以外の良い方法が見つかってないので)

利尿作用のある飲み物の摂取と少しの運動と内臓機能の強化になる温かい入浴なと゛。個人的に麦茶が好きです。残尿感があって痛いのでしょうが5kmランニングできる体力があれば気にならないと思います。

冷えが原因の場合もあるので、はらまきをしたり、背中にあたためるものを貼ったりして腹部をあたためると改善した事例があります。

清潔を保つために、毎回ウォシュレットを使うようにしています。また細菌は尿と一緒に排出されると聞いたので、とにかく意識して水分をたくさん取るようにしています。

最近は細菌の侵入とは違い、長時間座り続ける事によるうっ血が原因で膀胱炎を発症してしまうケースもあります。
私の場合、デスクワークを長時間続ける際はなるべく定期的に椅子から離れ、股を大きく開いてストレッチやスクワットを行い、骨盤や股間の括約筋群を意識して動かし、血流の向上に努めていました。
これにより筋群のうっ血やそれに伴う凝りが解消し、不快な膀胱や尿道の痛みが和らいだのは確かです。

排尿の回数を増やすことが大切です。
下腹部を冷やさないようにして、疲れがたまっていると感じた時はしっかり休息する。

スギナ茶が効きました。スギナは、つくしの親で、つくしの後に、生えてきます。それを、近くの公園や芝生から取ってきます。それを、洗って、水から煮出し、少しずつ、飲みました。おしっことして、出ていくようで、症状が軽くなりました。

水分をよく摂取して、トイレには我慢せずにすぐにいくようにするのが一番いいと思います

締め付ける下着をつけない。おりものシートを極力使わない。ヘアを減らし、抜け毛はできるだけ除去する。拭くときは前から後ろを徹底する。トイレは我慢しすぎない/すぐに行かない(1日の平均回数に近づける)。サニーナなどの使用で大腸菌の量を減らす。下着をこまめに替える。

水を毎日最低でも1.5リットル以上飲んで、尿をたくさん排出するようにする

膀胱炎に一度かかった事があり、病院受診して治療薬を処方してもらいました。膀胱炎は繰り返すため、普段から水分補給を心がけています。排便した時は、細菌が入らないように前から後ろに拭くようにしています。また、生理中はナプキンをまめに交換しています。それでも頻尿になった時は、病院受診して治療を受けます。

水分を採ってとにかくおトイレにまめに行くことです。水分も量を採るのであれば、ソフトドリンクのような角砂糖が何個も溶けているものは避けた方がいいです。でないと太ってしまいます。ノンカロリーで低カフェインのお茶などを飲みましょう。そしておしっこを我慢してはいけません。膀胱にためるのが良くないのです。それでもかかってしまったら早めの受診が必要ですが、ここで注意したいのはそういうとき泌尿器科で膀胱炎と判断されると非常に強い抗生物質が処方される可能性が高いことです。そういう抗生物質はあらゆる菌を殺すのでカンジタを引き起こすのです。泌尿器科が終わったらすぐ次に産婦人科に通う羽目になります。
ですから普段からならないことがいちばんです。水分をとってこまめにおトイレに行くことです。なんだったら時間を決めて、行きたくなくてもその時間になったら行くというふうにしてはいかがでしょうか。

膀胱炎は体の免疫力の低下で繰り返すことが多いとされます。
おすすめの対処方法は、疲れをためない、ストレスをため込まない、食生活などで体の免疫力を高めることです。

適度にトイレに行く※我慢は厳禁

まずは病院に行って治療をしたうえで、クランベリーエキスで予防をするといいようです。

私の経験からいくと、膀胱炎は冷えや血行不良などによっておこりやすくなります。
なので、お腹から腰回りを冷やさないように、下着の上にもう一枚穿いたり、腹巻を着用するなどがおススメです。
さらに運動を行い、腰回りの筋肉を付けることで、代謝が上がるので冷え予防に繋がります。
冬の寒い時期は特に冷えやすくなるので、お腹や腰に使い捨てカイロなどを当てておくと効果的です。

水分を多く摂る

トイレを我慢しない。水分はこまめにとる。
身体を冷やさない。女性は排泄後のペーパーの拭き方に注意する。(前から後ろの方向に拭く。)

クランベリーエキスのサプリを日常的に摂取する

膀胱炎で大事なことは、長引かせずに医療機関へ受診し、抗生物質を服用することです。そして、お茶などの水分を沢山のむ。これに尽きます。

まず病院に行ってきちんと完治させること。
治ったら、以降はお水をきちんとこまめに飲む。喉が乾いてなくても飲む。トイレにも行けるときは行く。寒くてもめんどくさくてもトイレ通りかかったらいく。意味はないかもしれないけど、下着は見た目綺麗でも1~2年たったら捨てる。

加齢からくる膀胱炎である場合、ストレッチや筋トレをして細胞を若くすることで免疫力をUPさせます。加齢により腎臓を含む様々な臓器が弱くなるので、ストレス軽減も含めて、体を鍛えておくことです。

普段から水分を沢山とるといいと思います。

まず身体を冷やさないことです。特に夏のエアコンは、知らぬ間に身体が冷えていることがありますから、腹巻をして下半身を冷やさないことが大事です。
足も冷えないように、ストッキングの上から靴下を履くことをお薦めします。
また、尿意を感じたら、すぐにトイレに行くこと。
漏れそうになる程我慢したり、尿を溜めるのは一番いけないことです。
もし、膀胱炎になったら、医者に行って正しい診断をしてもらい、処方された薬は欠かさず飲み、飲み終わった後の検査も必ず受けて、完治したことを確認しましょう。

30代終わりの主婦です。数年前から持病(?)の膀胱炎をまったく発症しないようになりました!秘訣というほどの対策ではないのですが、
1)座りっぱなしにならない
2)とにかくお茶やハーブティーなどを頻繁に飲む
という二つの行為を意識的に行ったところ、改善はなはだしく健康です。お茶などを急須やポットではなく、マグカップに淹れるというのがミソで、こうすれば必然的にちょこまかと立ち歩く必要が出てきますので、1と2とが相互作用いたします。クランベリージュースやサプリよりもよっぽど効果がありました!!

水分をたくさんとり、とにかく尿を出すことです。体内にいる菌を早く出すことが大切です。膀胱炎を繰り返さないためにも、尿意を感じたらこまめに行くようにしています。我慢せず排泄することが大事です。

規則正しく生活し、十分な睡眠、バランスのとれた食事、適度な運動、ストレスをうまく発散するように心がけ、免疫力をあげることで、不必要な菌をしっかりやっつけることができ、繰り返される膀胱炎を改善することができました。

あまり忙しくしないようにする。ストレスがたまると良くないので。冷えにも注意。特に足元。冬は必ず靴下やスリッパをはく。なんとなく膀胱炎の予感がしたら、水をこまめにとり、まめにトイレに行くようにする。

生理の時はこまめにナプキンを変える。
セックスの後は水分をとって排尿する。

トイレに行きたくなったら、我慢せずにすぐに行くこと。
ストレスをためないこと。
身体を清潔に保つこと。

普段の生活で体調の良い時は、少し排尿を我慢するようにしました。膀胱の溜める量を増やすため、尿を我慢すると良いとネットで読んだのでやっています。生理前後は我慢すると膀胱炎になりやすいので避けました。あとは、普段からだが冷えないように温かい飲み物を飲むようにしてました。

トイレで用(大も小も)を足した後は前から後ろに拭くようにする。

私は冬になると必ず膀胱炎になります。お小水をする時に痛みがあるのでティッシュを丸めて当ててしています。少しですが違います。

まず、膀胱炎予防としては、尿意を我慢しないこと・下半身にピッタリとフィットするようなパンツを履かないこと(通気性が悪いため)・女性の場合は生理の際にナプキンをこまめに取り替えて清潔にしておくことをおすすめします。
膀胱炎にかかってしまったら、水分を多めにとって細菌を体内から排出させること・下半身を冷やさないようにすること・カフェインや香辛料などの刺激物を避けることがおすすめです。

私も去年膀胱炎で悩みました。
小さい頃は親から「おしっこ我慢すると膀胱炎になるから早くトイレ行きなさい」と言われていましたが、まさか自分が本当になるとは…。
私の対処法はとにかく水を飲むことです。たくさ飲んでトイレによく行く。これを気を付けてからは膀胱炎にならなくなりました。
病院に行ったときに先生から、「中にいる菌を尿と一緒に流し出さない」と教えてもらったことに感謝です。
いつなってもいいようにと薬局で買った薬も常に薬箱に入っていますが、最近は飲んでいません。
なので、とにかく水をたくさん飲むことが対策には1番だと思います。

体を冷やさないようにする事がまずは大切です。膀胱炎を繰り返す方であれば、初期症状に気付くはずですので少し違和感を感じた時点で漢方薬を服用するといいと思います。オススメの漢方薬はドラッグストアで気軽に買える腎仙散です。体質にもよりますがこの漢方は比較的効果があると言ってくださる方が多いです。普段の生活では、お水等の水分をたくさん摂り御手洗いの回数を増やす事がオススメです。御手洗い回数を増やす事により体内の尿滞在時間を短くし膀胱炎の原因菌をドンドン流していくといいです。身体を清潔にする事も膀胱炎を防ぐ事につながります。